kglabo.blog

I will output what I thought.

書評 : アウトプット大全

自分がこの本を選んだ理由

自分自身、 あまりアウトプットができていないと感じており、自分が何をやった・学んだのか?成長できているのか?
ということに対して漠然とした不安があったので、それらを解決できるヒントを得たかった。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

著者情報、本の概要

著者は 精神科医の樺沢氏。脳科学を元としてエビデンスのある解説で、 いかなる方法でアウトプットしていけばよいのか?を
図解いりでわかりやすく解説する内容となっている。

本文に対する感想

読みながら引用を交えてTwitterのmomentで垂れ流したので、 そちらを見ていただければ概要がつかめるかなと思います。

まとめ

インプットは「脳内世界」が変化するだけ。アウトプットして初めて「現実世界」を変えることができる

まさにこの一言にすべてが集約されている内容だった。

これを読んだことによる最大の成果はこのブログに対して、 アウトプットを気軽にするようになった事かもしれない。