kglabo.blog

I will output what I thought.

WHY DESIGN TOKYO 2019 で運営の手伝いとワークショップを開催してきました

概要

「WHY DESIGN TOKYO 2019 / 受託Web制作・デザインの価値を変える実践的アプローチ」というデザイナー向けのカンファレンスにて「イベント運営の手伝い」と「day2のワークショップ(チームビルディング)」で金沢から飛び立ち、講師をやらせていただきました!!

Adobeさんからのレポートはこちら blogs.adobe.com

色々と反省点はありますが、非常に学びがあったので参加してよかったです。

なぜ参加したのか

今回、このイベントに参加するにあたってこのようなことを考えていました。

  • カンファレンス運営に関わる体験をしたい。
  • これまで求められる役割や技能を変えながら色々なチームを組成してきた知見をアウトプットしたい
    • ウェブデザイナー → フロントエンドエンジニア → マネージャ職 → 開発者と役職を点々としてきました
    • 人前に話すのが苦手なので、経験を積みたいお気持ち

とはいえ、

  • 現状、デザイナーしてないけどデザイナーのイベント行っても大丈夫か?
  • 自分だけ金沢所属(会場及び、他のメンバーは全員東京)だけど大丈夫か?

うーむ🤔

色々と思うことはありましたが、 コンフォートゾーンを抜ける良い機会だと思い、とりあえず行動!

他のメンバーと協力して、ワークショップを行う事になりました。

ワークショップで伝えようと思ったこと

チームビルディングに関するワークショップだったので、 参加された方にこういった事が伝わればいいなと思いつつ、みんなで協議して進めていきました。

話してる中で出たトピックはこんな感じ。

  • 「ユーザーに対する理解」の前に「協業者に対する理解」が大事!
  • 相手が「なぜそう考えるのか?」を理解しようと心がける事で「方法や手段」で対立せず、ユーザーに価値をスムーズに届けれる!
  • 「方法・手段」の正しさに論点が行くと話がこじれる!
  • 「スクラム」を覚えるコトに意識を行かせたくないよね!
    • (補足 : スクラムは実現することが難しいし「チームで協業しやすくする手法」というだけなので、それを覚えてもらうことが本質ではない)

やったこと

色々やりたい気持ちはあれど、自分だけ遠方で出来る事が限られていたので、 現地じゃないと出来ない事は現地メンバーに任せて、遠隔でも出来る事に集中しておりました。

  • 事前作業 : 協業するメンバーとの認識合わせ(Slackやリモートで密に連絡)
  • 事前作業 : 利用するスライド作成(Figmaにて協働)
  • 事前作業 : WS開始から終了までのストーリーが繋がっているか(油断すると大変なことに)
  • 事前作業 : 会場の設営作業(検討事項がとてもあってビビった)
  • 当日 : 来場者される方々への誘導(ジャングル迷うよね / あれ、会議室に動物が案内してくれる仕組みなんですよ)
  • 当日 : ワークショップ時の登壇(とても緊張した / 時間おしてたこともあって何を喋ったのかあんまり覚えてない)
  • 当日 : イベント中のタイムキーパー(すぐズレるのでとても大事。とても大事!)

得られたもの

  • リモートワークの疑似体験(主体的に接する大事さ)
  • 人前にたつ経験(あまりなれていない)
  • 大規模イベント運営に関する知見(リスクに対する検討がすごい)
  • 睡眠時間の大切さ(パフォーマンスに直結する事を実感)
  • 失敗の大切さ(次のアクションが見える)
  • 人を誘導する経験(DQとかで定型文を返す村人の気持ち)
  • Figma チョットツカエル(あんまり使ったことなかった)
  • USスタッフからやたら英語で話される経験(びびる)
  • 共に戦った関係者たちとの熱い絆(!!!!)

反省点

  • タイムスケジュールもっと意識したほうかよかったなぁ
  • 早い段階での役割定義や分担を適切にできたらよかったなぁ
  • もやもやシートの設計をもうちょい考える必要があったなぁ
  • ギリギリまで内容を詰めていたのでもうちょいリハーサルすればよかったなぁ
  • 英語喋れるようにしといたほうがいいなぁ

まとめ

今回はチーム組成に関するWSをまさに「チーム」で協力して進めていきましたが、進めながら「WSで伝えたかった内容」の大切さを身にしみて実感しました。

ちなみに、このWSを行った2月10日は僕の誕生日だったりしまして、

控え室でスタンバってる時に、みんなからサプライズで祝ってもらいました😭🎉😭

祝ってもらった上に、新しい未知の体験もしているという、こんな盛りだくさんな誕生日は人生初。

とても有意義かつ楽しい体験ができて本当によかったです。
 調整されたスタッフの方々、今回のイベントに参加された皆さま、本当にありがとうございました!!

自分が担当したday2のワークショップに関しては会場限定ですが、 day1のイベント内容はYoutubeで公開されているのでぜひ御覧ください😀


WHY DESIGN TOKYO 2019 / 受託Web制作・デザインの価値を変える実践的アプローチ

今後のアクション

  • 継続的にアウトプットしてく
  • 中学英語程度は話せるようにする
  • 学びのある失敗をしていく